未来を担う水素エネルギー開発・分析に関わる全ての方の悩みやご相談に水素分析ドットコムはお答えします。

文字サイズ

水素にはCO・CO2・硫黄等、様々な微量成分が含まれます。

自然環境や人工的なものから水素には様々な微量不純物 例えば、硫黄・O2・N2・CO・CO2等が含まれています。水素をエネルギーとして新たな世界を創り出すにも新技術の開発・製品開発が不可欠です。水素エネルギーを研究するには、水素に含まれる微量な不純物の検出・分析が必要となります。只、不純物分析も目的・用途によって測定システムが変わりますので、代表的なものをご紹介いたします。

ここでは、ご相談頂いた幾つかのご質問を文章にして掲載しました。
該当するものから貴方が探す回答が得られると思います。

  • Q1.水素中の微量イオウ成分を短時間に分析・測定をしたい。

    A.微量全イオウ測定システム

    微量全イオウ測定システムは、各種ガス中の微量イオウ成分を還元反応によって硫化水素に変換し、ガスクロマトグラフ法(FPD)により全イオウとして分析するシステムです。炭酸ガス、窒素、水素、ヘリウム、アルゴン等、各種ガス中の全イオウ成分がppbレベルまで測定できます。

    【特長】
    ・あらゆるイオウ成分を硫化水素に変換し、全イオウとして短時間に分析できます。
    ・還元工程からGC測定まで、全工程の自動連続分析が可能です。
    ・ppbレベルの微量測定が可能です。
    ・パソコンタイプのデータ処理装置により、測定結果を一覧表にて表示します。(オプション)

    【概要】 全イオウをFPDにて濃縮測定
    【用途例】 水素中全イオウ測定(ISO規格)

    ↑写真をクリックすると拡大します。専門家相談室はこちら


  • Q2.水素中の微量THC(全炭化水素)を高精度に測定出来るものは?

    A.微量THC測定システム

    水素中全炭化水素測定システム

    【特長】
    ・水素中の全炭化水素(THC)を測定します。
    ・操作はパソコンによる全自動(手動操作可)です。
    ・写真はH2中のTHCを数ppmレベルで測定するシステムです。

    【概要】 FIDによる全炭化水素測定
    【用途例】 水素中THC測定(ISO規格)

    ↑写真をクリックすると拡大します。専門家相談室はこちら



    ↑写真をクリックすると拡大します。専門家相談室はこちら

    A.全炭化水素連続測定装置

    水素中全炭化水素連続測定装置

    【特長】
    ・全炭化水素(THC)連続測定用の専用機です。
    ・H2,N2,Ar,HeH2,N2,Ar,He等の高純度ガス中の微量全炭化水素(THC)を水素炎イオン化検出器(FID)にて全自動測定します。
    ・メタン換算の全炭化水素濃度が直読表示されます。

    【概要】 FID方式の全炭化水素測定専用機
    【用途例】 水素中THC測定(ISO規格)
  • Q3.水素中のCO・CO2・N2等の微量な不純物を測定するには?

    A.微量O2・N2・CO・CO2 測定システム

    水素中不純物測定システム

    【特長】
    ・水素中の微量不純物成分をTCD/FIDで測定します。
    ・N2,ArはTCD+プリアンプで、CO,CH4,CO2はメタンコンバータでCH4に変換後FIDにて測定します。

    【概要】
    TCD+プリアンプおよびFID+メタンコンバータ利用
    【用途例】 水素中不純物測定(ISO規格)

    ↑写真をクリックすると拡大します。専門家相談室はこちら


    ↑写真をクリックすると拡大します。専門家相談室はこちら

    A.微量O2・N2・CO・CH4測定システム

    水素中不純物高感度測定システム

    【特長】
    ・水素中の微量O2,N2,CO,CH4を高感度検出器(HPID)で測定します。
    ・操作はパソコンによる全自動(手動操作も可)。
    ・写真は、H2,N2及びHe中のO2,CH4,CO,CO2を数百ppbレベルで測定するシステムです。


    【概要】
    ヘリウムプラズマイオン化検出器(HPID)利用
    【用途例】 水素中不純物高感度測定(ISO規格)

    ↑写真をクリックすると拡大します。専門家相談室はこちら

    A.微量O2・N2・CO・CH4・CO2 測定システム

    水素中不純物超高感度濃縮測定システム

    【特長】
    ・水素を液体窒素で1L程度濃縮し、ppbレベルのO2,N2をTCD+プリアンプ、CO,CH4,CO2をFID+メタンコン バータで超高感度測定します。
    ・操作はタッチパネルによる対話形式です。

    【概要】 コールドトラップ濃縮法
    【用途例】 水素中不純物超高感度測定

    ↑写真をクリックすると拡大します。専門家相談室はこちら

    A.微量CO・CH4・CO2測定システム

    水素中CO,CH4,CO2簡易濃縮測定装置

    【特長】
    ・H2,He,O2,N2,Ar,Air中のppbレベルの微量CO,CH4,CO2を簡易濃縮法を用いてFID-GCで全自動測定します。
    ・GC-MSでも測定が難しいO2,Air中の微量CO,CH4,CO2の測定が可能です。

    【概要】 簡易濃縮法
    【用途例】 水素中不純物超高感度測定
  • Q4.無機ガスや有機物が混在する多岐・多種類のガス成分を調べたい。

    A.オートガスクロ

    多種多様なニーズに対応可能な全自動ガスクロマトグラフ。

    【特長】
    ・最大3台の検出器と、5系列のカラムシステムの同時装着により、無機ガスや有機物が混在した、多岐・多種類の試料ガス組成の全成分分析が可能です。 ・ppbレベルからサブppmレベルまでの微量分析にも対応可能です。
    ・水分多量のウェット状態でのガス分析にも対応可能です。
    ・高速カラムシステムにより、従来の分析周期の1/3~1/5に時間短縮ができます。
    ・サンプリングから分析結果の出力まで全自動化されており、操作性に優れています。
    ・インテグレーターによるデータ出力から、パソコンタイプのデータ処理まで、ご要望に応じて製作いたします。

    【概要】
    水素リッチガス中の多成分不純物ガス成分を測定
    【用途例】 純水素中の不純物ガス成分濃度測定

    ↑写真をクリックすると拡大します。専門家相談室はこちら


  • Q5.高純度ガス製造の品質管理や大気中のH2やCOのバックグラウンド濃度測定に利用したい。

    A.還元性ガス分析計

    微量還元性ガス分析計 TRA-1は、還元性ガスの還元反応を利用して、ガスクロ法により微量の還元性ガス成分を高感度に検出する分析計です。
    ppbレベルのH2やCO濃度を分離検出しますので、高純度ガス製造の品質管理や大気中のH2やCOのバックグランド濃度測定にご利用頂けます。

    【特長】
    ・H2、CO の ppb レベルの測定が可能。
    ・自動サンプリングバルブ内蔵で試料前処理装置との連動および自動測定が可能。
    ・プレカット機能内蔵でカラム劣化が少なく長時間の連続運転が可能。
    ・半導体製造工場向け超高純度ガスの品質管理に最適。

    【概要】 水素中COガス濃度測定(ppbレベル)
    【用途例】 純水素中のCOガス濃度測定

    ↑写真をクリックすると拡大します。専門家相談室はこちら


ページトップへ

©  水素分析.com